×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

社長でも申し込みできる無担保融資

簡易ローンにも様々な種類がありますが、社長でも融資を受けれる無担保融資というような条件。
現金が欲しいと思う状況は様々な理由があると思いますが、急ぎでお金が必要というように契約までに掛かる時間に希望の条件がある場合などは、個人ローンの公式サイトをきちんと確認し、カードキャッシングの金利や借入金の使用用途をチェックすることが大事です。低い適用金利の個人向け信用ローンを比べてより希望に合致する個人向け信用ローンを選択するとよいでしょう。

職種と審査判断についてカードローン

たくさんあるカードローンのサイトの中のQ&Aなどの中で、「準社員、派遣社員、アルバイトでもOK」や「夜の接客系の仕事をしていても借りれる〜」という文章がいくつかでて来ることがあったりしますが、必ずしもキャッシング会社は「勤めていれば平気」というわけではないですから覚えておく必要があります。
金融会社が融資をするハードルが低い業種はおおよそ、医師・弁護士・公務員・正社員・自営業・派遣社員・バイト・パート・主婦・学生・・・ということになっているといわれます。
ただ、2010年6月に新たに法令化された「総量規制」制度によって限度額の規制により所得の無い主婦の方への貸付はかなり難しくなっています。
自営業や家・音楽家・芸術家・芸能人などの方は年収の安定性が会社員の方に比べ低くみられますので、敬遠される作家、新聞の勧誘員、タクシー運転手などの職業の方同様、会社員のようには信用されづらいといえます。
いずれの職種も転職率が高い、所得が不安定、電話連絡が取りづらいなどの点が、良い信頼を得られ難い共通部分です。
サラ金やクレジット会社などのカードローン会社は、支払いをせずに逃亡されたときに追跡調査が困難な・不可能となる職業を敬遠しているので、業種というのは、与信の審査、あるいは、融資額に大きく関わってくる項目といえます。

クレジットとキャッシングローンは何が違うのか

現金を借りるというような視点で銀行のカードローンとクレジットカードでは、どんな特徴が考えられるのか簡単に説明していきます。
全てのカードが当てはまるわけではなりませんが、「クレジットカードのキャッシング」と「消費者金融のキャッシング」の一般的な違いを下記にまとめてみました。
金利などは金融業者の与信によるところが大きいので、比較しづらいですが、消費者ローンは審査完了までの審査時間と利用限度額の違いだといえます。
カードローンとクレジットカードを比べて分かる大きな特徴のひとつは、お申し込みから借入が終わるまで、掛かる時間です。
というのは、クレジットカードはショッピングで使う場面などでサインで支払いをするのが支払いが簡易化されるメリットのひとつ。
借入をするためのカードではありませんので、キャッシングをする目的で発行している無担保ローンに比べ、審査の時間をスピーディーにする理由がありません。
次にクレジットには一般的なショッピング枠とは別にキャッシングの利用枠が割り当てられています。
消費者金融などのカードローンと比較すると一般的にクレジットカードの借入に使える枠は利用限度額が低く割り当てられていることが普通です。
クレジットには「ガソリン代の値引き」や「公共料金の引き落としでマイルが貯まる」というように業者により異なりますが、様々な特典のあるカードもあります。特徴の限定されたカードで様々な利用方法が考えられるその全てを最善の結果を約束するカードがあるわけではありません。
契約が終結するまでの時間や利用限度額上限などを考慮し、利用目的にあうカードを申し込むことが大事なんです。

貸金業法改正後も融資実績の高いカードローンはコチラ




簡易ローン | 個人ローン | 個人ローン | 個人ローン | キャッシングローン | 信用ローン | 簡易ローン | 金融ローン | カードローン | パーソナルローン |

サイトMENU

Copyright (C) 2011. All Rights Reserved.